この秋冬のおススメ!



昨年に引き続き・・・この秋冬のおススメは・・・メンズもレディースもやはり注目はツィード素材でしょうネ・・・!(^_-)-☆

ツィード(tweed)とは・・・?

英国スコットランドおよびアイルランドを主要産地とする紡毛織物の総称。ただし手紡手織(ホームスパン)のそれのみをさす。
手織り、綾織り、変わり織りがあり、いずれも伸縮性に富んだざっくりした風合いが特徴になっている。ちなみにツィードの語源は、綾織物を意味するツイル(Twill)のスコットランド語形ツイール(Tweel)の誤読に由来する。ことの起こりは1825年、産地から届けられた送り状の読み違いに端を発したものらしい。すなわち、あるラシャ商がその産地を流れる川の名前「ツイード・リバー」(Tweed River)とそれとを混同したことがきっかけとなり、以後ツイードは「ツイル」の正式な織物名として公認されるに至ったという次第。流行素材としての登場は1830年代の初め頃からであるが、実用素材としては18世紀以来の長い歴史を持っている、伝統的自家製紡毛毛織物といえる。(^_-)-☆



ツイードの中でも・・・一番のおススメが、ハリスツィードですネ!(^_-)-☆

~【ハリスツイードとは】~

スコットランド北西部のアウターへブリディーズ諸島で染色され紡がれたバージンウールを使い、島民により手織られたツイードを意味します。
ハリス島では、真冬の酷寒の島で生活する地元の島民が普段着にウールの着物を主に作っていました。
これらのツイードをハリス島の産業とすべく広めていき、その後生産工程が改善され、ハリスツイード産業が始まりました。
その後、その質の高さから「King of Tweed 」と呼ばれ、世界中にハリスツイードの名前が知られ多くの人々から認知されています。
ハリスツイードを使った製品には、必ずハリス協会の織りネームが付けられています。

まさにトラディショナルな素材ですネ・・・!(^_-)-☆

この秋冬のおススメは・・・ツイードに注目ですヨ!(^^♪


同じカテゴリー(ジャケット)の記事画像
ジャケットの達人!
ミラネーゼのマリンボーダー!
クールマックスの鉄板ネイビージャケット!
ロンドンストライプジャケット!
春物ジャケットは雨降り袖!
ジャケットの達人!
同じカテゴリー(ジャケット)の記事
 ジャケットの達人! (2018-06-29 18:00)
 ミラネーゼのマリンボーダー! (2018-06-24 18:00)
 クールマックスの鉄板ネイビージャケット! (2018-06-05 18:00)
 ロンドンストライプジャケット! (2018-04-20 18:00)
 春物ジャケットは雨降り袖! (2018-03-18 18:00)
 ジャケットの達人! (2017-11-14 18:00)

 
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
この秋冬のおススメ!
    コメント(0)