ハリスツィードの魅力!

ハリスツィードの魅力!
本物の証でもあるハリス協会の織りネーム!


11月もあとわずかになり・・・日に日に寒さも増してきますネ!(--〆)


さて・・・毎年寒さを凌ぐ素材といえば、ジャケットや防寒コートなどに使われる「ハリスツイード」!(^_-)-☆

定番の鉄板素材ハリスツイードは・・・今年もエンゼルオリジナルジャケットに採用されていますヨ!(*^_^*)

~【ハリスツイードとは】~

スコットランド北西部のアウターへブリディーズ諸島で染色され紡がれたバージンウールを使い、島民により手織られたツイードを意味します。
ハリス島では、真冬の酷寒の島で生活する地元の島民が普段着にウールの着物を主に作っていました。
これらのツイードをハリス島の産業とすべく広めていき、その後生産工程が改善され、ハリスツイード産業が始まりました。
その後、その質の高さから「King of Tweed 」と呼ばれ、世界中にハリスツイードの名前が知られ多くの人々から認知されています。
ハリスツイードを使った製品には、必ずハリス協会の織りネームが付けられています。

ハリスツィードの魅力!

ざっくりした感触の肉厚ツイード。素朴な味わいがなによりの魅力ですネ!(^_-)-☆

とくにケンプ(KEMP)と呼ぶ染色不能の白い短毛の交織がこのツイードの特色をなしているのです。(@_@;)

ファッション素材としての登場は1875年からという・・・まさに歴史のある伝統的な素材「ハリスツイード」です!(^_-)-☆


同じカテゴリー(ジャケット)の記事画像
クールマックスの鉄板ネイビージャケット!
夏のコードレーンジャケットの仕上がり!
ロンドンストライプジャケット!
イタリア Thomas Masonギンガムチェツク!
春物ジャケットは雨降り袖!
ジャケットの達人!
同じカテゴリー(ジャケット)の記事
 クールマックスの鉄板ネイビージャケット! (2019-06-06 18:00)
 夏のコードレーンジャケットの仕上がり! (2019-05-23 18:00)
 ロンドンストライプジャケット! (2019-04-21 18:00)
 イタリア Thomas Masonギンガムチェツク! (2019-04-18 18:00)
 春物ジャケットは雨降り袖! (2019-03-19 18:00)
 ジャケットの達人! (2018-11-15 18:00)

 
この記事へのコメント
思わず投稿せずにはいられませんでした。
ハリスツイードの魅力に惹きつけられた者の一人です。
体が大きいのでなかなか合うサイズがないので、
買えるブランドが限られるのですが、
昨年『エディバウアー』にてベスト・ジャケット・コートを購入してご満悦です。
金額的に高く感じるかもしれませんが何年?十何年?着れるかもしれないものですからね安い買い物だと思っています。
良い物は長持ちしますからね!大事にします。
Posted by 鍼灸整体治療院 上原屋鍼灸整体治療院 上原屋 at 2014年11月27日 20:28
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ハリスツィードの魅力!
    コメント(1)