群馬県の前橋で50年以上トラッドファションを発信しておりますエンゼルです。 ブリティッシュトラッドやクラシコイタリアなどエグゼクティブに向けた極上のスーツを取り揃えてございます。前橋市はもとより高崎市、伊勢崎市、太田市、桐生市、藤岡市、安中市、館林市、渋川市、沼田市、富岡市など、群馬県内はもちろん、埼玉県や栃木県からもお客様にお越しいただき、ありがとうございます。このブログではトラッドファッション・服の知識はもちろん、お店周辺のことや趣味に関することまで幅広く書いていきます。

2017年06月25日

目指せ!ちょい「不良」オヤジを!


LEONの表紙を飾るオヤジ・ファッションを引っ張る今のファッショナン・リーダーちょい「不良」オヤジのジローラモ!(^_−)−☆


夕べは・・・懐かしの映画を観ました。(^^♪

若大将シリーズの「アルプスの若大将」!(o^^o)

僕は・・・結構、若大将シリーズが好きで、たまに思い出したように観るんですヨ!(^^♪

その映画の中の青大将こと…田中邦衛さん!・・・大好きなんですヨ!(*^_^*)


映画「アルプスの若大将」の青大将!

アイビー・ファッションを引っ張った青大将!(^_−)−☆

ファッションセンスが抜群の二人…青大将とジローラモ!(o^^o)

良く似ているようにおもえませんか…?σ^_^;




どちらも…着こなしが決まっていて…ちょい「不良」オヤジの「憎めないいい男」だと思いませんか…?(^_−)−☆

皆さんも・・・ちょい「不良」オヤジの「憎めないいい男」を目指しましませんか・・・?(^^♪  

Posted by エンゼル at 18:00Comments(0)洋服文化

2017年03月26日

“お金じゃなくてセンス”です!



桜の開花宣言が昨日でましたが・・・今日からまた、寒の戻りで肌寒くなりましたネ!(;一_一)

早く・・・冬の重いコートを脱いで、春のお洒落を楽しみたいですネ!(*^_^*)

さて、お洒落に着こなすには・・・大事な事は‘お金じゃなくてセンス’です!(^^♪

エンゼルでは、他の人と差別化を図るために小物の重要性を説いています。(^_-)-☆

例え、同じスーツやジャケットでも小物1つ(たとえばポケットチーフ)を

加えるだけで、お洒落度は格段にアップします。(^_-)-☆




ラペルピンやカフリンクス、ストールやポケットチーフなどなど・・・洗練された小物選びがお洒落のポイント!(^_-)-☆

機能性も備わって、一石二鳥ですネ!(^^♪

大事な事は・・・“お金じゃなくてセンス”ですネ!(*^_^*)  

Posted by エンゼル at 18:00Comments(0)洋服文化

2017年03月10日

ポケットチーフを挿しましょう!




2011年3月11日のあの震災の日から…6年が経ちました。月日の分だけ、前に進んだこともあれば、そうでないこともたくさんあります。
エンゼルでも、復興への思いが、つながりますように、今日も明日も毎日…お祈り申し上げております。m(_ _)m

さて、3月も10日になり…卒業式や送別会などの行事予定がある季節!(*^^*)

そんな式典やパーティには…必ず、ポケットチーフを挿しましょう!(^_−)−☆

普段から…ポケットチーフを挿している方も増えてきました!^^;

チーフを挿す事によって…着こなしに変化がつきますネ!大事なワンポイントであるポケットチーフ!(^_−)−☆


ポケットチーフの役割は…Vゾーンの脇役で、引き立て役であります!(*^^*)

スーツの着こなしが引き締まり、清潔感もたかまる。何より、きちんと装うという心意気が、チーフ一枚に表れますネ!(^_−)−☆



欧米では…当然の洋服文化のスタイル!(*^^*)

さぁ…ポケットチーフを挿しましょう!(^_−)−☆
  

Posted by エンゼル at 18:00Comments(0)洋服文化

2017年02月28日

スーツは戦闘服!



2月も終わり・・・いよいよ春の足音が聞こえてきますネ!(^^♪

3月は・・・何かとスーツをキチっと着なければならないシーズンですネ!(*^_^*)

スーツは戦闘服!☆彡

今日は・・・改めて、スーツを着る楽しみを考えてみました!(@_@;)

僕はスーツを着ると・・・身が引き締まり、心も気持ちもやる気満々になる!
皆さんは、どうでしょうか・・・?

今の社会の風習は、クールビズなどノーネクタイの影響から・・・楽なスタイルへと移行して・・・
心も気持ちも、心構えも楽になり過ぎていないでしょうか・・・?

やはり、引き締める時は、ビシッとスーツを着て・・・心身ともに『スイッチオン』して・・・!
優越感をもって・・・物事を考えられるようになるでしょう・・・。

そして、ビシッとスーツを着ると、周囲の見る目も変わってくるのです。こんなに優越感に
浸れる事はないでしょう・・・。自分自身に快楽を感じられます。

さらに、スーツも楽なスーツでなく、身も心も引き締まるスーツを選んでください。
自己満足の快楽で・・・陶酔して戦場に向かえる事でしょう・・・。(^_-)-☆

これからは・・・スーツを着る時の心構えとして・・・『スーツは戦闘服として、スイッチオン!』してみてください。(*^_^*)

スーツを着る新たな楽しみになるでしょう!(^^♪
  

Posted by エンゼル at 18:00Comments(0)洋服文化

2017年02月24日

懐かしの「傷だらけの天使」から・・・!




この2月になってから・・・TVのBS12トゥエルビチャンネルで、今から40年以上前の懐かしいドラマ「傷だらけの天使」が再放送されております!


あまりの懐かしさに・・・夜の9時からの再放送には、テレビの前にクギ付けになっておりますヨ!(^^♪

このドラマ「傷だらけの天使」は・・・エンゼルが「VAN」のアイビー・ファッションで、一世風靡した60年代が終わり・・・。(-.-)

70年代になると・・・アイビーからヨーロピアン・ファッションに流れていきました。(-"-)

そして、74年僕が中学生になり・・・このドラマ「傷だらけの天使」が大ブレイクしましたネ・・・!(*^_^*)

ご存知・・・ショーケンこと萩原健一と「相棒」で今をときめく水谷豊の痛快コンビによるアクション哀愁ドラマ!(^_-)-☆


木暮 修を演じたショーケンこと萩原健一

乾 亨を演じた水谷 豊

中学生の僕には・・・衝撃的なドラマで、当時カセットテープレコーダーで録音して・・・学校で友達と何度も聴いて・・・。(^^♪

修と亨のモノマネをして・・・「あきら~・・・!」は流行ましたネェ・・・。(*^_^*)

そして・・・洋服文化という観点からは・・・この「傷天」の二人の衣装スタイリストが当時の「BIGI」のデザイナー・キクチタケオ

さんによるもので・・・それまでのアイビーとは意に反して斬新で、カッコ良かったですネ・・・!(^_-)-☆

ショーケンと水谷豊の着ていた革ジャンに憧れて・・・革ジャン欲しかったですネ・・・!(*^_^*)

これをキッカケに・・・ヨーロピアン流が流行し始めて・・・「BIGI」などデザイナーズ・ブランドの火付になったのですネ・・・!(^^♪



水谷豊さんは・・・このドラマの「あきら」から・・・いまでは「相棒」の右京さんというオシヤレでダンディなスターに・・・。(^^♪



それと・・・僕が個人的にも「傷だらけの天使」に入れ込んだのには・・・理由があります!(;一_一)

もちろん・・・ショーケンのファンだったのもありますが・・・!(*^_^*)

ショーケンの役名が・・・「木暮 修」なんですヨ・・・!(;一_一)

僕の名前は・・・「木暮 修也」なんですネ・・・!(^_-)-☆

なんだか・・・ショーケンになったつもりでしたネ・・・!(*^_^*)

懐かし過ぎて・・・涙を流し、笑いながら、観賞しておりますヨ!(*^_^*)


  

Posted by エンゼル at 18:00Comments(0)洋服文化

2016年12月29日

年の瀬に"お金じゃなくてセンス"です!



今年もあと2日あまりになり・・・いよいよ押し迫りましたネ!(^^♪

この一年にやり残した事のないように・・・締めくくりたいですネ!(*^_^*)

さて、年末年始のお洒落シーズンに・・・お洒落に着こなすには・・・大事な事は‘お金じゃなくてセンス’です!(^^♪

エンゼルでは、他の人と差別化を図るために小物の重要性を説いています。(^_-)-☆

例え、同じスーツやジャケットでも小物1つ(たとえばポケットチーフ)を

加えるだけで、お洒落度は格段にアップします。(^_-)-☆



ラペルピンやカフリンクス、ストールやポケットチーフなどなど・・・洗練された小物選びがお洒落のポイント!(^_-)-☆

機能性も備わって、一石二鳥ですネ!(^^♪

大事な事は・・・“お金じゃなくてセンス”ですネ!(*^_^*)
  

Posted by エンゼル at 18:00Comments(0)洋服文化

2016年12月09日

男のダンディズム!



12月の第2週の金曜日・・・今週末と来週は忘年会やクリスマスパーティも多くなりますネ!(^^♪

そんないろいろな人が多く会する場面では・・・常に「ダンディ」でいたいですネ!(*^_^*)


ケーリー・グラント(1904.1.18-1986.11.29)(イギリス、ブリストン生まれ)

さて…今日は、男のダンディズムについて…?(・・;)

ダンディーと言うと直ぐに浮かぶのが…ケーリー・グラントだ!(^_−)−☆

洗練された大人のユーモアがいい。
 大仰な身振りではなく、ちょっとした演技で強い印象を与える。
 それは自然体の魅力だ。(^^♪


女優を美しく引き立てることにかけては右に出る男優はいないといわれたケーリー・グラント!
「女なら恋に落ち、男ならそうなりたいと望むようなロマンチックな男性像」と評したそうだ!(^_−)−☆

アメリカの週刊誌「PEOPLE」のハリウッド100年を記念した読者投票で男優部門の第1位になったという。
 納得だ!(^_-)-☆

若き日のラルフローレンやウィンザー公やフレッドアステアが、おしゃれの師と仰いだとされるのが…ケーリー・グラントその人なのである!(^_−)−☆

素晴らしい仕立てのダークスーツを着たときも、またツィード・ジャケットやニットを着たときも、彼は常に申し分なくお洒落な、洗練された紳士であったという!(^_−)−☆

見習いたい…男のダンディズム!(^_−)−☆


  

Posted by エンゼル at 18:00Comments(0)洋服文化

2016年11月18日

お洒落心のアクセサリーを楽しむ!



11月も中旬を過ぎて・・・年末に向けて、これからパーティや宴会の多い時期になりますネ!(^^♪

これからこの時期は・・・お洒落を楽しむ本格的なシーズンの訪れですネ・・・!(^_-)-☆

さて、今回は、アクセサリーの遊び方について考えてみましょう。(*^_^*)

 数年前、Men’s EXの編集長が、かのエルメネジルドゼニアのアンナ女史にインタビューした後、彼女にこう指摘されたそうだ。
 「あなたの装いはスーツの選び方からシャツやネクタイ、靴に至るまでとてもコンサバティブだと思います。でも、そのアンティークのカフリンクスだけは、あなたの趣味や個性を上手に表現していて素敵ですね。」
 男のアクセサリーに関していえばアンナ女史の言葉がすべてを語っているように思う。ビジネスシーンにおいてはモードを追いかけるよりもドレスコードを厳しく守る方が仕事に対して誠実で、好感が持てる。ただ、あまりに生真面目すぎていても面白みに欠けるから、カフリンクスやタイバーなどで自分の趣味嗜好やNEWSを取り入れて人間味のある魅力的な装いを完成させたい。




さて、アクセサリーを付ける基本はできるだけプレーンなデザインで金か銀の無地を選ぶこと、2つ以上アクセサリーを付ける場合は、必ず同色で統一することなどが挙げられる。普段使い慣れていない方にアドバイスするとしたら、殊更カフリンクスを付けているのだと意識せずにただのボタンの一種だと気楽に構えることであろうか。アクセサリーの極意は、付けるまでは細心の注意を払う必要があるが、一旦付けたら、すっかり忘れてしまうことである。(^_-)-☆

お洒落の基本と少しの遊び心が大切ですネ!(^_-)-☆   

Posted by エンゼル at 18:00Comments(0)洋服文化

2016年07月12日

男のダンディズム!


ケーリー・グラント(1904.1.18-1986.11.29)(イギリス、ブリストン生まれ)


昨日から…梅雨の合間の晴れ間が広がりました。σ^_^;

ようやく、洗濯物もお日さまの下で…乾かせますネ!σ^_^;

さて…今日は、男のダンディズムについて…?(・・;)

ダンディーと言うと直ぐに浮かぶのが…ケーリー・グラントだ!(^_−)−☆

女優を美しく引き立てることにかけては右に出る男優はいないといわれたケーリー・グラント!
「女なら恋に落ち、男ならそうなりたいと望むようなロマンチックな男性像」と評したそうだ!(^_−)−☆

若き日のラルフローレンやウィンザー公やフレッドアステアが、おしゃれの師と仰いだとされるのが…ケーリー・グラントその人なのである!(^_−)−☆

素晴らしい仕立てのダークスーツを着たときも、またツィード・ジャケットやニットを着たときも、彼は常に申し分なくお洒落な、洗練された紳士であったという!(^_−)−☆

見習いたい…男のダンディズム!(^_−)−☆  

Posted by エンゼル at 08:00Comments(0)洋服文化

2016年06月21日

クールビズのまとめ!





梅雨入りから・・・ジメジメとした湿度の高さが・・・不快感を高めますネ!(--〆)

さて、本格的な梅雨から夏のシーズンを迎えますので、特集してきたクールビズについてのまとめをしましょうネ・・・!(*^_^*)

クールビズとは?

クールビズとは2005年より始まったキャンペーンで、夏の暑い日の仕事を軽装で行うことで、体感気温を低くし、扇風機や冷房の電力消費量を抑え、CO2排出量を減らそうという取り組みです。
また、2011年は東日本大震災に絡んだ電力不足の影響により、よりいっそう軽装化を図った「スーパークールビズ」の登場もしています。

このクールビズは、政府が積極的に推奨・PRをしており、実際に、クールビズ賛同団体とされている団体数は1万を超えるなど、2005年の開始以降、確実に定着しているようです。

注意ポイントまとめ

しかし、いくらクールビズが推奨されているといっても、そこはビジネスの場。 クールビズを過度に捉え、極端な着こなしをしてしまえば、場をわきまえない、だらしない格好という印象を与えてしまいます。
そのような印象を与えないための、クールビズを着こなすための注意すべきポイントとは、どんなものがあるのでしょうか。

シワができていないか
シワのできていない、きちんとしたシャツは清潔感のある印象を与えます。
しかし、シワが出来たヨレヨレのシャツは、清潔感がなくだらしない印象を与えてしまいます。
アイロンなどで手入れを怠らずに行いましょう。
そのためにも、シャツは十分な枚数を持っていたほうが良いでしょう。

自分にフィットしたサイズか
シャツを選ぶ際、少し大きめでゆったりしたものを選ぶ方もいますが、クールビズの目的からすれば間違っています。
ぶかぶかだと、格好悪い印象を与えるだけでなく、余ったスペースに熱が入り込み、かえって熱く感じてしまいます。
また、ズボンも大きすぎてダボダボだったりすると格好悪く見えます。

シャツの下に着るもの
シャツの下に着るものにも気を使わなくてはなりません。
例えば、シャツやズボンがしっかりしていても、絵柄がプリントされたシャツが透けていては格好がつきません。
また、素肌だと汗をかいた際にシャツが張り付き、肌や乳首が透けてしまう場合があります。
シャツの下は白地のものが最適です。
最近ではボタンをはずしても見えない工夫をされたものもあるようです。

ポケットに物を詰め込んでいないか
自分の体のシルエットにあった着こなしはスマートな印象を与えます。
しかし、ポケットに財布や携帯といった物を詰め込みすぎてしまうとシルエットが崩れ、スマートな印象がなくなってしまいます。

ズボンからシャツがはみ出していないか
ズボンからシャツが出ていると格好悪い印象を与えます。
そういうファッションもありますが、ビジネスでは基本NGですので、しっかり入れるようにしましょう。

すね毛が見える着こなし
最近などでは、ハーフパンツでもOKな所もあるようですが、それでも、すね毛に抵抗のある人は多いようです。
また、はいているパンツが短いと、すねやかかとの部分が露出してしまいます。
これも格好悪く見える原因になります。

どこまでがクールビズ?

クールビズが推奨されているといっても、どのくらいまでがクールビズとして許されるか、意外と分からない人も多いのではないでしょうか?
どこまでがクールビズか悩んだときの考えとして、以下のことを抑えておきましょう。 (^_-)-☆

上着やネクタイをつけても違和感のない格好
クールビズが推奨されている世の中ですが、上着やネクタイなどをつけなくてはいけない場面が当然あります。
そんな時、クールビズとして着ている格好に上着を羽織り、ネクタイを締めても違和感のない格好を選ぶとよいでしょう。

お客様目線で考える
あなたが客視点となって、その格好ならビジネスマンとしてふさわしいか、または、その格好でお客様の前に出ても恥ずかしくないかどうか考えて見ましょう。

上司や同僚など職場での許容範囲
クールビズスタイル決定の基準として、上司や同僚などの服装を参考にしている方が5~6割いるという結果が得られました。
周りを見て、どの程度が許されるのか参考にしてみるのも良いかもしれませんね。

以上、クールビズについて書いてきましたが、少しでも参考になれば・・・!(^^♪

これからの夏を乗り切っていきましょうネ・・・!(^_-)-☆
  

Posted by エンゼル at 18:00Comments(0)洋服文化

2016年04月21日

結婚式のパーティにはシルバータイで!




春のこの時期になると…これから、5月6月と結婚式シーズンに向けてのスーツやネクタイのお客様が毎日のようにお見えになられます。σ^_^;

今日も…先週ロンナーのBLACKスーツをお買い上げいただいたM様が結婚式に向けてのネクタイをスーツに合わせて…!(^_−)−☆

結婚式にはシルバータイを!(^_−)−☆



控えめで…パーティに出席するには、上品なシルバーの無地やシルバーに紺、シルバーに黒、シルバー系のネクタイを選びましょうネ!(^_−)−☆

さりげなく・・・白のポケットチーフも忘れずに!(^^♪

上品で、控えめ・・・!(^_-)-☆  

Posted by エンゼル at 18:00Comments(0)洋服文化

2016年03月24日

‘お金じゃなくてセンス’です!




桜の開花宣言が昨日でましたが・・・今日からまた、寒の戻りで肌寒くなりましたネ!(;一_一)

早く・・・冬の重いコートを脱いで、春のお洒落を楽しみたいですネ!(*^_^*)

さて、お洒落に着こなすには・・・大事な事は‘お金じゃなくてセンス’です!(^^♪

エンゼルでは、他の人と差別化を図るために小物の重要性を説いています。(^_-)-☆

例え、同じスーツやジャケットでも小物1つ(たとえばポケットチーフ)を

加えるだけで、お洒落度は格段にアップします。(^_-)-☆




ラペルピンやカフリンクス、ストールやポケットチーフなどなど・・・洗練された小物選びがお洒落のポイント!(^_-)-☆

機能性も備わって、一石二鳥ですネ!(^^♪

大事な事は・・・“お金じゃなくてセンス”ですネ!(*^_^*)



  

Posted by エンゼル at 19:00Comments(0)洋服文化

2016年03月11日

ポケットチーフを挿しましょう!



2011年3月11日のあの震災の日から…5年が経ちました。月日の分だけ、前に進んだこともあれば、そうでないこともたくさんあります。
エンゼルでも、復興への思いが、つながりますように、今日も明日も毎日…お祈り申し上げております。m(_ _)m

さて、3月になり…卒業式や送別会などの行事予定がある季節!(*^^*)

そんな式典やパーティには…必ず、ポケットチーフを挿しましょう!(^_−)−☆

普段から…ポケットチーフを挿している方も増えてきました!^^;

チーフを挿す事によって…着こなしに変化がつきますネ!大事なワンポイントであるポケットチーフ!(^_−)−☆


ポケットチーフの役割は…Vゾーンの脇役で、引き立て役であります!(*^^*)

スーツの着こなしが引き締まり、清潔感もたかまる。何より、きちんと装うという心意気が、チーフ一枚に表れますネ!(^_−)−☆



欧米では…当然の洋服文化のスタイル!(*^^*)

さぁ…ポケットチーフを挿しましょう!(^_−)−☆
  

Posted by エンゼル at 19:00Comments(0)洋服文化

2016年02月28日

スーツは戦闘服!




スーツは戦闘服!☆彡

今日は・・・改めて、スーツを着る楽しみを考えてみました!(@_@;)

僕はスーツを着ると・・・身が引き締まり、心も気持ちもやる気満々になる!
皆さんは、どうでしょうか・・・?

今の社会の風習は、クールビズなどノーネクタイの影響から・・・楽なスタイルへと移行して・・・
心も気持ちも、心構えも楽になり過ぎていないでしょうか・・・?

やはり、引き締める時は、ビシッとスーツを着て・・・心身ともに『スイッチオン』して・・・!
優越感をもって・・・物事を考えられるようになるでしょう・・・。

そして、ビシッとスーツを着ると、周囲の見る目も変わってくるのです。こんなに優越感に
浸れる事はないでしょう・・・。自分自身に快楽を感じられます。

さらに、スーツも楽なスーツでなく、身も心も引き締まるスーツを選んでください。
自己満足の快楽で・・・陶酔して戦場に向かえる事でしょう・・・。(^_-)-☆

これからは・・・スーツを着る時の心構えとして・・・『スーツは戦闘服として、スイッチオン!』してみてください。(*^_^*)

スーツを着る新たな楽しみになるでしょう!(^^♪
  

Posted by エンゼル at 19:00Comments(0)洋服文化

2015年12月11日

男のダンディズム!


ケーリー・グラント(1904.1.18-1986.11.29)(イギリス、ブリストン生まれ)


12月の第2週の金曜日・・・今週末と来週は忘年会やクリスマスパーティも多くなりますネ!(^^♪

そんないろいろな人が多く会する場面では・・・常に「ダンディ」でいたいですネ!(*^_^*)

さて…今日は、男のダンディズムについて…?(・・;)

ダンディーと言うと直ぐに浮かぶのが…ケーリー・グラントだ!(^_−)−☆

洗練された大人のユーモアがいい。
 大仰な身振りではなく、ちょっとした演技で強い印象を与える。
 それは自然体の魅力だ。(^^♪


女優を美しく引き立てることにかけては右に出る男優はいないといわれたケーリー・グラント!
「女なら恋に落ち、男ならそうなりたいと望むようなロマンチックな男性像」と評したそうだ!(^_−)−☆

アメリカの週刊誌「PEOPLE」のハリウッド100年を記念した読者投票で男優部門の第1位になったという。
 納得だ!(^_-)-☆

若き日のラルフローレンやウィンザー公やフレッドアステアが、おしゃれの師と仰いだとされるのが…ケーリー・グラントその人なのである!(^_−)−☆

素晴らしい仕立てのダークスーツを着たときも、またツィード・ジャケットやニットを着たときも、彼は常に申し分なくお洒落な、洗練された紳士であったという!(^_−)−☆

見習いたい…男のダンディズム!(^_−)−☆

  

Posted by エンゼル at 19:00Comments(0)洋服文化

2015年12月06日

お洒落な巻き物ストール!




この時期のお洒落な巻き物ストール!(^_-)-☆


秋冬の超人気アイテム、ストール&マフラー。

イタリアのセレクトブランド””から
厳選されたスタイリッシュマフラーコレクション。
秋冬をお洒落に楽しむ人気アイテム。


こちらは、薄手でかさばらないウールマフラー。
素材には、レーヨンをブレンドしたウールでやさしい肌触り。
スーツやジャケットスタイルにすっきりとまとまり
エレガントな雰囲気をもたせた一枚。(^^♪

裏表対照的なカラーでコーディネイトいただける
遊び心あるモデルです。

カジュアルなスタイルからスーツまでオンオフと幅広く、
とてもかっこよくコーディネイトしていただけます。
イタリアのセンスを感じるシックな一枚。
今年の冬もお洒落を楽しんでみたくなります。(^_-)-☆

イタリアオヤジの巻き物好きを見習いましょうネ・・・!(^^♪

  

Posted by エンゼル at 19:00Comments(0)洋服文化

2015年11月17日

お洒落心のアクセサリーを楽しむ!




11月も中旬を過ぎて・・・年末に向けて、これからパーティや宴会の多い時期になりますネ!(^^♪

これからこの時期は・・・お洒落を楽しむ本格的なシーズンの訪れですネ・・・!(^_-)-☆

さて、今回は、アクセサリーの遊び方について考えてみましょう。(*^_^*)

 数年前、Men’s EXの編集長が、かのエルメネジルドゼニアのアンナ女史にインタビューした後、彼女にこう指摘されたそうだ。
 「あなたの装いはスーツの選び方からシャツやネクタイ、靴に至るまでとてもコンサバティブだと思います。でも、そのアンティークのカフリンクスだけは、あなたの趣味や個性を上手に表現していて素敵ですね。」
 男のアクセサリーに関していえばアンナ女史の言葉がすべてを語っているように思う。ビジネスシーンにおいてはモードを追いかけるよりもドレスコードを厳しく守る方が仕事に対して誠実で、好感が持てる。ただ、あまりに生真面目すぎていても面白みに欠けるから、カフリンクスやタイバーなどで自分の趣味嗜好やNEWSを取り入れて人間味のある魅力的な装いを完成させたい。




さて、アクセサリーを付ける基本はできるだけプレーンなデザインで金か銀の無地を選ぶこと、2つ以上アクセサリーを付ける場合は、必ず同色で統一することなどが挙げられる。普段使い慣れていない方にアドバイスするとしたら、殊更カフリンクスを付けているのだと意識せずにただのボタンの一種だと気楽に構えることであろうか。アクセサリーの極意は、付けるまでは細心の注意を払う必要があるが、一旦付けたら、すっかり忘れてしまうことである。(^_-)-☆

お洒落の基本と少しの遊び心が大切ですネ!(^_-)-☆  

Posted by エンゼル at 19:00Comments(0)洋服文化

2015年11月13日

ネクタイの起源と『ウィンザー・ノット』!


●愛のために王冠を捨てた、とされるウィンザー公。1936年、イギリス国王エドワード8世として撮影された写真です。


 「ネクタイの起源を示す最古の証拠は、ローマ皇帝トラヤヌスの記念柱にあるとする本は多い。しかし、この紀元2世紀の初期にローマ軍兵士が首に巻いていた布は、今日のネクタイとは似ても似つかず、首に巻きつけた1枚の布にすぎない。ネクタイの本当の起源は、17世紀中頃から男性の衣装の一部として用いられたネッククロス、あるいはクラバットだ。 ~中略~ 
 現代のネクタイの、原型が最初に見られたのは、18世紀のアメリカだった。それは「バンダナ」と呼ばれる柄の入った大きな布で、首の周りに数回巻いて蝶結びにしたものだった。 ~中略~ 
 今日のネクタイの先駆けとなったのは、最初に作られたスクールタイとクラブタイだった。1880年、オックスフォード大学、エクセター・カレッジ校の学生が自分たちの麦わら帽のリボンをはずして首に巻き、簡単な結び目を作ったのが、クラブタイの始まりだ。 ~中略~ 
 現代のネクタイは、一般に、フォーマルウェアの一部と考えられている。しかし、だからといって、ファッショナブルでないというわけではない。 ~中略~ 」
(以上は「GENTLEMAN」より引用いたしました。)

今のネクタイの形になったのはアメリカが起源で、大学の制服とともに作られていったのですね。しかし、ローマ人もアメリカ人も最初は首に布を巻こうとしたと言う共通点がとても面白いです。それは防寒のため、首を守るため、身分や所属を表すため、そしてファッション性、さまざまな要素が絡んでいるようです。

 『ウィンザー・ノット』と言うネクタイの結び方があります。英国のウィンザー公=イギリス国王エドワード8世(Edward Albert Christian George Andrew Patrick David Windsor. 1894-1972)が、自身が好んだシャツのエリの形、「ワイド・スプレッド・カラー」にあう結び方として考案したとされているものですが‥。一般的なネクタイの結び方、『プレーン・ノット(シンプル・ノット、フォアインハンドとも呼ばれる)』に対して、『ウィンザー・ノット』は結び目が大きくなるため、エリの大きく開いた「ワイド・スプレッド・カラー」のシャツにはバランスが良いのです。

 このウィンザー公、国王エドワード8世、英国皇太子とも同一人物なのですが、当時「世界で一番魅力的な独身男性」と言われて、世界中の女性のあこがれの的であった男です。実はウィンザー公は『ウィンザー・ノット』をしていなかったという説があります。芯地を厚くしたネクタイを特別に作らせていたので、結び目が大きく見えた、という話だそうですが、果たして‥?その時代に生きていた人間にしか分からない事ですね。

ネクタイ一つとっても、ファッションには長くまた複雑な歴史があるのですね。(@_@;)



離婚歴のあるアメリカ人一般女性と結婚するため英国王から退位したエドワード8世(1894~1972)。
なんとも・・・人間味のあるエドワード8世(ウィンザー公)です。(-.-)

「エドワードは、自分を革新的でモダンな精神の持ち主だと思っていました。それがよく表れているのがファッションです。彼のネクタイの結び方は、"ウィンザーノット"と呼ばれ、今に残っています。」 (^_-)-☆


  

Posted by エンゼル at 19:00Comments(0)洋服文化

2015年09月24日

ジーンズかデニムか・・・?


SENTINEL 501モデルデニム コットン100% MADE IN JAPAN;¥19,000(税別)

今では・・・デニムと呼ばれるようになったのが一般的なようですネ!(--〆)

しかし・・・ジーンズという呼び名も今では、慣れ親しんだ一般化した呼び名ですネ・・・!(;一_一)

どちらにしても・・・その語源について考えてみましょう・・・(?_?)

ジーンズの特徴といえば、インディゴ・ブルーに染められた、厚手のコットン・デニムのそれということになる。

そのブルー・デニムがジーンズに採用されるようになったのはいつ頃からのことであったのか?

それは1860年代の半ば頃、かの<ジーンズの父>リーバイ・ストラウスによって、それまでの生成色ないし茶色の

テント地に代わるマテリアルとして採掘用の作業ズボンに採用されはじめ、やがて1872年頃には、最初の

リベテッド・リーバイス(釦留めのブルー・ジーンズ)が考案されることになり、ついでその数年後の1877年、

今日いうところのファイブ・ポケット・ジーンズ、すなわち<リーバイス・501>のプロトタイプが完成されるはこびと

なったわけである。(^_-)-☆




しかしこの語、「ジーンズ」なる語が一般に使われるようになったのは、それよりずっと後になって、1900年代に至って

のことであり、そしてそれ以後、1950年代の半ば頃までは、もっぱらブルー・デニムの作業ズボンのみを指す語として

使われるようになったのである。(^_-)-☆

PS・ちなみに・・・デニムとは?

DENIM[デニム]
「デニム」は織物の種類の名前である。一般的に定義付けをすれば、経糸(たていと)は太番手の純綿糸で同色の色糸を使用し、緯糸(よこいと)には白く見える未晒糸あるいは晒糸を使い、3/1または2/1の綾織りにした厚地織物となる。本来糸種や経糸の色に限定は無かったのだが、藍(あい)やインディゴの染料で濃紺や青色に染めることが多く、デニムといえば「ブルーデニム」という印象が強くなってしまった。したがって「ブルーデニム」、「カラーデニム」と正しく使い分けをしたほうが適切である。また「デニム」の用語を生地ではなく製品の「ジーンズ」の意味で多用すると混乱が生じることに留意すべきであろう。
「デニム」の言葉の由来は明白である。フランス南部地中海沿岸にニームという都市がある。古くからの港町マルセイユから西へ100km以内という立地の平野部を活用して葡萄や織物の産地であった。この地で、マルセイユ経由でインドから導入された綾組織の厚手織物が量産され、ニーム地方のサージ(綾織物)Serge de Nimes(セルジュ・ド・ニーム)と呼ばれるようになり。英語圏で訛ってDenimとなった。

ジーンズもデニムもどちらも正解ですネ・・・!(^_-)-☆
  

Posted by エンゼル at 17:00Comments(0)洋服文化

2015年08月21日

粋な男の着こなし!


僕の好きな映画のひとつに・・・「THE STING」・・・。(^^♪

1973年に公開され・・・主演には、ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードの黄金コンビで・・・。☆彡

ストーリーは・・・1936年のシカゴを舞台にした詐欺師の仲間の報復劇で、ポール・ニューマンとロバート・レッドフォード

の二人の詐欺師コンビが・・・抱腹絶倒の活躍で、ラストシーンの大どんでん返しには・・・ビックリの痛快映画ですネ。(^^♪


懐かしさから・・・久しぶりに「THE STING」をDVDで観賞しましたヨ・・・。(@_@;)

何度観ても・・・最高に痛快で面白い映画ですネ・・・!(^_-)-☆

まだ・・・観てない人がいらしたら・・・これは絶対に観てほしい映画ですヨ・・・!!(^^)!

今回は・・・出演者の「洋服の着こなし」を中心に注意深く観ました・・・。(@_@;)

まさに・・・「粋な男の着こなし」で・・・食い入るように『カッコ良い男』ばかりでしたネ・・・!(*^_^*)

ポール・ニューマンとロバート・レッドフォードは・・・言うまでもなくもちろんですが・・・。(^_-)-☆

敵役ロネガン役のロバート・ショウも・・・「粋な男の着こなし」でしたネ・・・!(^_-)-☆



特に・・・ポール・ニューマン演じるゴンドーフは・・・オンタイムとオフタイムの変わりようが・・・『ちょい不良オヤジ』の元祖!

まさに・・・こんな着こなしで、粋な男になりたいですネ・・・。(*^_^*)

皆さんも・・・ぜひ、もう一度、こんな視点で観ては如何でしょうか・・・?(^^♪
  

Posted by エンゼル at 19:00Comments(0)洋服文化