寒さにはフランネルチョークストライプの魅力で!



フランネルチョークストライプ!


今週末からは・・・グッと冷え込んできましたネ!(-"-)

こんな時期には・・・冬らしいフランネル素材が恋しくなりますヨ!(^^♪

これからの冬スーツに最適な生地といえば、フランネル素材はその一つですね。フランネル、またフラノ生地ともいい、生地が起毛しているので独特の柔らかい印象が出るんですね。(^_-)-☆

とても保温性があってあたたかいです。それから、生地が柔らかいですから、着れば着るほど体にもなじんできますよ。(^^♪

フランネル生地の中でも鉄板なのは・・・フランネルチョークストライプ!(^_-)-☆
縦縞柄の一種。洋裁用のチョークで線を引いたような感じのストライプ。フランネルやサキソニー地によく採用される縞柄。

ダブルブレストのスーツや3ピーススーツにはよく似合いますネ!(^_-)-☆

私の大好きなフランネル素材のチョークストライプ柄!(^^♪

チョークストライプのスーツは、男のワードローブには,MUSTな一着だと思う。大人の男のスーツというのは、この柄から 始まる - という 個人的な 思い入れがありますヨ!(^_-)-☆

一種のワビサビを 感じさせる生地なので、昔のサビルローでは、むしろ エレガントな男らしい生地として 好まれたんですネ!男の色気が上品に演出出来る生地がチョークストライプなのですヨ・・・!(^_-)-☆




白墨(チョーク)で線を引いたようなカスレ具合が特徴で、最もポピュラーなトラディショナルパターンの本格的なチョークストライプ柄は、現在ではなかなか出会えない素材の一つですネ!(*^_^*)

フランネルチョークストライプで、男のロマンを感じてみましょうヨ!(^_-)-☆

やはり・・・冬のマストとして、永遠の鉄板生地ですネ・・・!(^_-)-☆






この秋冬のおススメ!




昨年に引き続き・・・この秋冬のおススメは・・・メンズもレディースもやはり注目はツィード素材でしょうネ・・・!(^_-)-☆

ツィード(tweed)とは・・・?

英国スコットランドおよびアイルランドを主要産地とする紡毛織物の総称。ただし手紡手織(ホームスパン)のそれのみをさす。
手織り、綾織り、変わり織りがあり、いずれも伸縮性に富んだざっくりした風合いが特徴になっている。ちなみにツィードの語源は、綾織物を意味するツイル(Twill)のスコットランド語形ツイール(Tweel)の誤読に由来する。ことの起こりは1825年、産地から届けられた送り状の読み違いに端を発したものらしい。すなわち、あるラシャ商がその産地を流れる川の名前「ツイード・リバー」(Tweed River)とそれとを混同したことがきっかけとなり、以後ツイードは「ツイル」の正式な織物名として公認されるに至ったという次第。流行素材としての登場は1830年代の初め頃からであるが、実用素材としては18世紀以来の長い歴史を持っている、伝統的自家製紡毛毛織物といえる。(^_-)-☆



ツイードの中でも・・・一番のおススメが、ハリスツィードですネ!(^_-)-☆

~【ハリスツイードとは】~

スコットランド北西部のアウターへブリディーズ諸島で染色され紡がれたバージンウールを使い、島民により手織られたツイードを意味します。
ハリス島では、真冬の酷寒の島で生活する地元の島民が普段着にウールの着物を主に作っていました。
これらのツイードをハリス島の産業とすべく広めていき、その後生産工程が改善され、ハリスツイード産業が始まりました。
その後、その質の高さから「King of Tweed 」と呼ばれ、世界中にハリスツイードの名前が知られ多くの人々から認知されています。
ハリスツイードを使った製品には、必ずハリス協会の織りネームが付けられています。

まさにトラディショナルな素材ですネ・・・!(^_-)-☆

この秋冬のおススメは・・・ツイードに注目ですヨ!(^^♪




ストライプスーツの着こなし!



ストライプスーツは男の強い味方!(^_-)-☆

ビジネスシーンで頼りになる存在はいくつもある。中でもストライプスーツはその筆頭格だ。新入社員が着てもそこそこ様に
なるし、役員が颯爽とストライプスーツを着こなしているのを見るとオーラを感じることさえある。ストライプスーツは、年齢や
ルックスを問わずすべての男を素敵に見せる(^_-)-☆

ストライプスーツというと代表的なのは次の3縞です。ピンストライプ、ペンシルストライプ、チョークストライプの3縞!
同じストライプでも3縞は趣が随分違うのでそれぞれの個性を区別しておきたい。


ピンストライプスーツ!

まずピンストライプは3縞の中で最も着やすいストライプ。目立たずクールな印象なのでモダンなスタイルでも十分通用する。


ペンシルストライプスーツ!

ペンシルストライプはクラッシック色の強いストライプ。スタイリッシュで上品な魅力がある。


チョークストライプスーツ!

チョークストライプは縞の太さも縞の間隔も一番幅広いので着こなしは上級者向けだ。
チョークストライプはスーツ自体が主張するのでシンプルにまとめないと、イタリア映画に出てくる田舎紳士のようになってし
まうからご用心を。もっとも、エレガントであるがゆえの難しさであるから、ミドル以上の男が格好良く着こなしたらこの上ない
ストライプである。

ストライプスーツはビジネスに活躍する。縦の縞が男に自信と格好良さを与えてくれるからだ。だからこそ着る時には意識的
に着たい。ただ何となく着るのは至極勿体ない話である。(^_-)-☆




さりげないお洒落!




全国的に大気の状態が、不安定で雷雨などで、はっきりしない天候ですネ・・・。(;一_一)

先週の蒸し暑さも、一段落して・・・いよいよ秋物の入荷が始まりました!(^_-)-☆

お洒落の季節を楽しむのには・・・あまり、肩肘を張らずに・・・!(@_@;)

さり気なく・・・上品に着こなして!(^^♪

結果・・・カッコ良く見えるものですネ!(^_-)-☆

スーツのジャケットの袖口本開きを強調するように・・・さり気なく、シャツもWカフスのシャツを合わせるとか・・・!(^^♪

あくまでも・・・さり気なくが大切ですネ・・・!




Wカフスのシャツにつけるカフリンクスもシルバー系の控え目なアンティークがいいですネ!(^^♪

お洒落は・・・さり気なくですネ!(^_-)-☆






猛暑に「COOL EFFECT(クールエフェクト)」!




ここのところ・・・台風の影響で、ハッキリしない気候ですネ!(+_+)

これからの8月・・・本格的な猛暑がやってくるのでしょうか・・・?(@_@;)

そんな猛暑には・・・エルメネジルド・ゼニアの新しいファブリック「COOL EFFECT(クールエフェクト)」が大活躍!(^_-)-☆

エンゼルでは・・・ゼニアの「COOL EFFECT(クールエフェクト)」を使ったスーツやジャケットが夏の売れ筋になっていますヨ!(^^♪


Ermenegild Zegna <エルメネジルド ゼニア>COOL EFFECT(クールエフェクト)

伝統的なエレガンスと最新のテクノロジーを融合させ、常に市場に新しい息吹を吹き込んできたエルメネジルド・ゼニアグループが開発したこの

革新的なファブリックは、生地の表面温度を約10度下げることを可能にした。これにより外気温が40度の場合でも、体感温度はそれ以上に涼しく

感じられます。「COOL EFFECT]は、細さ17ミクロン(1ミクロンは1000分の1ミリ)のオーストラリア産のウールを原材料として作られ、生地の

染めと仕上げの段階で特別なトリートメントが施されます。この画期的な新しいファブリックは、真夏の太陽の下、スーツを着る男性のスタイルを

変え、気温が高い日でも新鮮な空気をスーツ内部に循環させます。

まさに猛暑の真夏には・・・欠かせない素材に!(^_-)-☆




6月からは衣替え・・・!




今日から…早いもので、6月です!σ^_^;

もう…一年の半分を迎えようとしていますネ!(・・;)

昨日、今日と完全な夏日になりましたネ!(-。-;

6月といえば・・・衣替えですネ!(^^♪

ますます、クールビズによる衣替えが、本格化しますネ!σ^_^;

エンゼルでは…この6月は、クールビズ商品強化月間として、スーツ、ジャケット、パンツ、シャツなどをお客様のご要望に応じて、

ご提案させていただきます!(^_−)−☆

お店の方に…ぜひ、ご相談にお越しください!m(_ _)m






クールビズ対策!




5月もこの時期になると・・・昼間は、シャツ一枚で過ごせる陽気になりますネ!σ^_^;

皆様も、クールビズ対策を実践されているのでしょうネ!(・・;)

エンゼルでは…クールビズ強化月間として、カッタウェイカラーのドレスシャツを中心に、差別化を図っていただきます!(^_−)−☆



カッタウェイシャツ:¥13800(税別)

イタリアのcloth“TESSITURA MONTI”《テッシトゥーラ・モンティ》のファインなファブリックをジャパンメイドの丁寧な縫製で!(^_−)−☆

着心地絶品極上シャツを!(^_−)−☆

大人のドレスシャツで・・・クールビズをカッコ良く、差別化図りましょうネ!(^_−)−☆






クールビズには「COOLMAX(クールマックス)」で!




昨日、今日と日中は夏日となりまして・・・そろそろ、本格的なクールビズシーズンの到来ですネ!(^^♪

クールビズ対応の素材といえば・・・「COOLMAX(クールマックス)」!(^_-)-☆

最近、よく聞く涼感素材「COOLMAX(クールマックス)」ってどんな素材?

今季のエンゼルにおいても・・・「COOLMAX(クールマックス)」のジャケットやパンツやシャツが売れ筋になっていますヨ!(^^♪

クールマックス」という言葉、もしくはロゴを目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。「クールマックス」は世界最大級のポリマー・繊維総合企業、インビスタ社が提供するファブリックブランドのひとつ。通気性+吸水速乾性能で、総合的な快適さを提供する高機能素材です。



この素材の特徴は、繊維構造自体に快適な機能が備わっているところで、様々な商品に採用されています。体温調節機能によって体表温度の上

昇を抑え、より涼しく着心地も快適、となれば、夏の暑さであきらめがちなおしゃれも存分に楽しめるはず。見た目だけでなく、素材に注目して洋服

を選ぶようになると、おしゃれの幅も広がりますネ!(^^♪





≪ エルメネジルドゼニア≫COOLEFFECT~クールエフェクト!



ErmenegildoZegna≪ エルメネジルドゼニア≫HIGHPERFORMANCE・COOLEFFECT~クールエフェクト!


いよいよ・・・今日のようなポカポカ陽気になると、そろそろ春夏物対策ですネ・・・!(*^_^*)

世界一のファブリックメーカーエルメネジルド ゼニアのファブリック「Cool Effect(クール エフェクト)」!(^_-)-☆

エルメネジルドゼニアのコレクション「クールエフェクト」とは・・・どんな特徴かというと・・・(@_@;)

いわゆる地球温暖化に対応した服地です。(^^♪

ErmenegildoZegna≪ エルメネジルドゼニア≫HIGHPERFORMANCE・COOLEFFECT~クールエフェクト

伝統なエレガンスと最新のテクノロジーを融合させ、常に市場に新しい息吹を吹き込んできたエルメネジルド ゼニアグループが開発した、この革新的なファブリックは、生地の表面温度を約10度(ゼニア社実験により算出)下げることを可能にした。これにより外気温が40度の場合でも、体感温度はそれ以上に涼しく感じられます。「Cool Effect」は細さ17ミクロン(1ミクロンは1000分の1ミリ)のオーストラリア産ウールを原材料として作られ、生地の染めと仕上げの段階で特別なトリートメントが施されます。この画期的な新しいファブリックは、真夏の太陽の下、スーツを着る男性のスタイルを変え、気温が高い日でも新鮮な空気をスーツ内部に循環させます。     Ermenegildo Zegna社より

服地の表面温度を下げることを可能にした、とても軽くて、涼しいウールファブリック!(^_-)-☆

細番手のオーストラリア産ウールを使い、生地の仕上げの段階で特別なトリートメントが施され表面温度を下げる革新的な素材

これが・・・体感温度で、5~10度下がるゼニアのハイテク素材!日本の夏には、最適な素材ですヨ・・・!(^_-)-☆

皆様も世界一のファブリックを体感してみてはいかがでしょうか・・・!(^^♪







ZegnaとLoro Piana、あなたはどちら?




今日は、顧客様のK様が・・・ゼニアのストライプスーツをお買い上げいただきました。(^_-)-☆

K様、いつもありがとうございます。

今日のK様は・・・ゼニア生地のスーツとロロピアーナ生地のスーツと最後まで迷われていて・・・。(@_@;)

やはり・・・どちらも甲乙つけ難いほどの良い生地で・・・!(@_@;)

世界の洋服好きには・・・語るに及ばない世界の2大ファブリックメーカーZegnaとLoro Pianaの2大ブランド。

日本語カタカナ表記では・・・エルメネジルド・ゼニアとロロピアーナ!(*^_^*)

コアな方でなくても・・・その名前だけは聞いた事があるでしょう・・・。(@_@;)

イタリアが誇る・・・世界の2大ブランドのゼニアとロロピアーナ・・・甲乙つけ難い、素晴らしいファブリック!!(^^)!

エンゼルのお客様でも・・・そのファブリックの人気は、5分5分で分かれますネ・・・。(;一_一)

そのファブリックのイメージで・・・質実剛健な男性らしいゼニアとしなやかでしっとりとした女性らしいロロピアーナ!

そのお好みで・・・人気は分かれるでしょうネ・・・!(#^.^#)

あなたのお好みは・・・?ゼニア?ロロピアーナ?どちらをお選びになりますか・・・?(?_?)

教えてください?皆様の御意見を・・・!

ちなみに・・・僕はというと・・・(^_-)-☆






男のダンディズム!




昨日から・・・2月ということで、時の経つのは早いものですネ・・・!(*^_^*)

しかし・・・昨日とかはまだまだ寒さが厳しくて、2月は雪の心配もこれからですネ!(;一_一)

さて・・・2月に入っても、エンゼルでは、引き続き冬物SALEを開催中ですヨ!(^^♪

まだまだ、2カ月あまりの寒い冬を乗り切るための商材を取り揃えております!(^_-)-☆

さて、今日は・・・大人の男のお洒落なダンディズムについて・・・!(^^♪

僕の大好きなフランネルチョークストライプ柄・・・大人の男のダンディズムでしょう!(^_-)-☆

チョークストライプ・・・縦縞柄の一種。洋裁用のチョークで線を引いたような感じのストライプ。フランネルやサキソニー地によく採用される縞柄。

ダブルブレストのスーツや3ピーススーツによく似合いますネ!(^_-)-☆


チョークストライプのスーツは、男のワードローブには、MUSTな一着だと思いますヨ。(^_-)-☆

大人の男のスーツというのは、このチョークストライプ柄から、始まるという個人的な思い入れがありますヨ・・・!(^_-)-☆

一種のワビサビを感じさせる生地なので、昔のサビルローでは、むしろエレガントな男らしい生地として好まれたんですネ!(^^♪

男の色気が上品に演出出来る生地が、チョークストライプなのです!(^_-)-☆





寒さにはフランネルチョークストライプの魅力で!



フランネルチョークストライプ!


今週末からは・・・グッと冷え込んできましたネ!(-"-)

こんな時期には・・・冬らしいフランネル素材が恋しくなりますヨ!(^^♪

これからの冬スーツに最適な生地といえば、フランネル素材はその一つですね。フランネル、またフラノ生地ともいい、生地が起毛しているので独特の柔らかい印象が出るんですね。(^_-)-☆

とても保温性があってあたたかいです。それから、生地が柔らかいですから、着れば着るほど体にもなじんできますよ。(^^♪

フランネル生地の中でも鉄板なのは・・・フランネルチョークストライプ!(^_-)-☆
縦縞柄の一種。洋裁用のチョークで線を引いたような感じのストライプ。フランネルやサキソニー地によく採用される縞柄。

ダブルブレストのスーツや3ピーススーツにはよく似合いますネ!(^_-)-☆

私の大好きなフランネル素材のチョークストライプ柄!(^^♪

チョークストライプのスーツは、男のワードローブには,MUSTな一着だと思う。大人の男のスーツというのは、この柄から 始まる - という 個人的な 思い入れがありますヨ!(^_-)-☆

一種のワビサビを 感じさせる生地なので、昔のサビルローでは、むしろ エレガントな男らしい生地として 好まれたんですネ!男の色気が上品に演出出来る生地がチョークストライプなのですヨ・・・!(^_-)-☆




白墨(チョーク)で線を引いたようなカスレ具合が特徴で、最もポピュラーなトラディショナルパターンの本格的なチョークストライプ柄は、現在ではなかなか出会えない素材の一つですネ!(*^_^*)

フランネルチョークストライプで、男のロマンを感じてみましょうヨ!(^_-)-☆

やはり・・・冬のマストとして、永遠の鉄板生地ですネ・・・!(^_-)-☆





雨降り袖!



別名『雨降り袖(マニカカミーチャ)』


10月もあと3日あまりになり、今日は冷たい雨風が吹き荒れて・・・冬の足音が聞こえてきましたネ!(-.-)

みなさん、こんなスーツの袖をご覧になったことがありますか?
エンゼルで扱っているスーツですが、シワがよった安物ではありません。(;一_一)

日本のスーツの原点はイギリスにありますが、その作りは質実剛健。
厚い肩パッドと芯地が入りカッチリとしていてスキがありません。
そんな英国調とは間逆なのがこの写真のスーツ。(@_@;)

肩パッドは入れず、芯地は極力薄くして、とても軽量に作ってあります。

イタリアのナポリで生まれた製法で、ナポリ仕立てとも言い、
その特徴の代表がこの袖のシワ、別名『雨降り袖(マニカカミーチャ)』。(^_-)-☆



ハンガーにかけるとこのようなシワが出るのですが
着ると肩と腕の太さでシワがなくなるんです。(*^_^*)

その着心地はまるで一枚の布を羽織っているようですよ。(^^♪





この秋冬のおススメ!





昨年に引き続き・・・この秋冬のおススメは・・・メンズもレディースもやはり注目はツィード素材でしょうネ・・・!(^_-)-☆

ツィード(tweed)とは・・・?

英国スコットランドおよびアイルランドを主要産地とする紡毛織物の総称。ただし手紡手織(ホームスパン)のそれのみをさす。
手織り、綾織り、変わり織りがあり、いずれも伸縮性に富んだざっくりした風合いが特徴になっている。ちなみにツィードの語源は、綾織物を意味するツイル(Twill)のスコットランド語形ツイール(Tweel)の誤読に由来する。ことの起こりは1825年、産地から届けられた送り状の読み違いに端を発したものらしい。すなわち、あるラシャ商がその産地を流れる川の名前「ツイード・リバー」(Tweed River)とそれとを混同したことがきっかけとなり、以後ツイードは「ツイル」の正式な織物名として公認されるに至ったという次第。流行素材としての登場は1830年代の初め頃からであるが、実用素材としては18世紀以来の長い歴史を持っている、伝統的自家製紡毛毛織物といえる。(^_-)-☆



ツイードの中でも・・・一番のおススメが、ハリスツィードですネ!(^_-)-☆

~【ハリスツイードとは】~

スコットランド北西部のアウターへブリディーズ諸島で染色され紡がれたバージンウールを使い、島民により手織られたツイードを意味します。
ハリス島では、真冬の酷寒の島で生活する地元の島民が普段着にウールの着物を主に作っていました。
これらのツイードをハリス島の産業とすべく広めていき、その後生産工程が改善され、ハリスツイード産業が始まりました。
その後、その質の高さから「King of Tweed 」と呼ばれ、世界中にハリスツイードの名前が知られ多くの人々から認知されています。
ハリスツイードを使った製品には、必ずハリス協会の織りネームが付けられています。

まさにトラディショナルな素材ですネ・・・!(^_-)-☆

この秋冬のおススメは・・・ツイードに注目ですヨ!(^^♪





ストライプスーツの着こなし!




ストライプスーツは男の強い味方!(^_-)-☆

ビジネスシーンで頼りになる存在はいくつもある。中でもストライプスーツはその筆頭格だ。新入社員が着てもそこそこ様に
なるし、役員が颯爽とストライプスーツを着こなしているのを見るとオーラを感じることさえある。ストライプスーツは、年齢や
ルックスを問わずすべての男を素敵に見せる(^_-)-☆

ストライプスーツというと代表的なのは次の3縞です。ピンストライプ、ペンシルストライプ、チョークストライプの3縞!
同じストライプでも3縞は趣が随分違うのでそれぞれの個性を区別しておきたい。


ピンストライプスーツ!

まずピンストライプは3縞の中で最も着やすいストライプ。目立たずクールな印象なのでモダンなスタイルでも十分通用する。


ペンシルストライプスーツ!

ペンシルストライプはクラッシック色の強いストライプ。スタイリッシュで上品な魅力がある。


チョークストライプスーツ!

チョークストライプは縞の太さも縞の間隔も一番幅広いので着こなしは上級者向けだ。
チョークストライプはスーツ自体が主張するのでシンプルにまとめないと、イタリア映画に出てくる田舎紳士のようになってし
まうからご用心を。もっとも、エレガントであるがゆえの難しさであるから、ミドル以上の男が格好良く着こなしたらこの上ない
ストライプである。

ストライプスーツはビジネスに活躍する。縦の縞が男に自信と格好良さを与えてくれるからだ。だからこそ着る時には意識的
に着たい。ただ何となく着るのは至極勿体ない話である。(^_-)-☆






チョークストライプの魅力!



チョークストライプ!

まだまだ、暑い日が続いてますが、いかがお過ごしでしょうか・・・?(@_@;)

この陽気では・・・中々、秋物の事は、考えられないでしょうか?(;一_一)

そろそろ、お洒落を楽しむ秋の事を考えていきましょうネ・・・!(^_-)-☆

さて、やはり、秋冬物スーツでは・・・チョークストライプ柄でしょう!(^_-)-☆



チョークストライプ・・・縦縞柄の一種。洋裁用のチョークで線を引いたような感じのストライプ。フランネルやサキソニー地によく採用される縞柄。

ダブルブレストのスーツや3ピーススーツによく似合いますネ!(^_-)-☆

私も個人的に大好きなフランネル素材のチョークストライプ!(^^♪

チョークストライプのスーツは、男のワードローブには、MUSTな一着だと思いますヨ。(^_-)-☆

大人の男のスーツというのは、このチョークストライプ柄から、始まるという個人的な思い入れがありますヨ・・・!(^_-)-☆

一種のワビサビを感じさせる生地なので、昔のサビルローでは、むしろエレガントな男らしい生地として好まれたんですネ!(^^♪

男の色気が上品に演出出来る生地が、チョークストライプなのです!(^_-)-☆






さりげないお洒落!




全国的に大気の状態が、不安定で雷雨などで、はっきりしない天候ですネ・・・。(;一_一)

先週の暑さも、一段落して・・・いよいよ秋物の入荷が始まりました!(^_-)-☆

お洒落の季節を楽しむのには・・・あまり、肩肘を張らずに・・・!(@_@;)

さり気なく・・・上品に着こなして!(^^♪

結果・・・カッコ良く見えるものですネ!(^_-)-☆

スーツのジャケットの袖口本開きを強調するように・・・さり気なく、シャツもWカフスのシャツを合わせるとか・・・!(^^♪

あくまでも・・・さり気なくが大切ですネ・・・!



Wカフスのシャツにつけるカフリンクスもシルバー系の控え目なアンティークがいいですネ!(^^♪

お洒落は・・・さり気なくですネ!(^_-)-☆




仕立ての良いスーツの見分け方!





8月もお盆休みに入っても・・・猛暑が続きますネ!(*^_^*)

夏バテしないように・・・体調管理には気をつけましょうネ!(#^.^#)

さて、今日は・・・仕立ての良いスーツの見分け方についてです!!(^^)!

仕立ての良いスーツとは・・・?実際は見分けが難しいです。

袖付けの縫製やら、毛芯や襟の収まりなど・・・見分けが簡単ではないです。



そこで誰にでも・・・簡単に見分けが出来る5つのポイントを御紹介します!(^_-)-☆

それは・・・エンゼル78,000円オーダーメイドスーツのフル装備ポイントです。

襟などのAMFステッチ、バルカポケット、フルD管、水牛ボタン、本開きの5つ!



皆さんもこれからスーツを注意して観て下さい。

仕立ての良さやこだわりがスーツの見分けるポイントです!(^_-)-☆





猛暑対策!




8月に入り、昨日今日と連日の猛暑日となっています。(>_<)

この暑さでは・・・お洒落を楽しもうという気持ちも薄れがちでしょうネ・・・!(;一_一)



そんな猛暑日対策には・・・「COOL MAX(クールマックス)」素材が大活躍しますネ・・・!(^_-)-☆

売れ筋の「COOL MAX(クールマックス)」ジャケットやパンツ!(^_-)-☆

クールマックス・・・通気性+吸水速乾性能で、総合的な快適さを提供する高機能素材です!(@_@;)



この素材の特徴は、繊維構造自体に快適な機能が備わっているところで、体温調節機能によって体表温度の上昇を抑え、より涼しく着心地を

快適にするという特徴!(^_-)-☆

夏の暑さであきらめがちなお洒落も存分に楽しめるはずです!(^^♪

見た目だけでなく、素材に注目して洋服を選ぶようになると、お洒落の幅も広がりますネ!(^_-)-☆

猛暑を「COOL MAX(クールマックス)」で乗り切りましょうネ・・・!(^_-)-☆





猛暑に「COOL EFFECT(クールエフェクト)」!





今日のような猛暑には・・・エルメネジルド・ゼニアの新しいファブリック「COOL EFFECT(クールエフェクト)」が大活躍!(^_-)-☆

エンゼルでは・・・ゼニアの「COOL EFFECT(クールエフェクト)」を使ったスーツやジャケットが夏の売れ筋になっていますヨ!(^^♪


Ermenegild Zegna <エルメネジルド ゼニア>COOL EFFECT(クールエフェクト)

伝統的なエレガンスと最新のテクノロジーを融合させ、常に市場に新しい息吹を吹き込んできたエルメネジルド・ゼニアグループが開発したこの

革新的なファブリックは、生地の表面温度を約10度下げることを可能にした。これにより外気温が40度の場合でも、体感温度はそれ以上に涼しく

感じられます。「COOL EFFECT]は、細さ17ミクロン(1ミクロンは1000分の1ミリ)のオーストラリア産のウールを原材料として作られ、生地の

染めと仕上げの段階で特別なトリートメントが施されます。この画期的な新しいファブリックは、真夏の太陽の下、スーツを着る男性のスタイルを

変え、気温が高い日でも新鮮な空気をスーツ内部に循環させます。

まさに猛暑の真夏には・・・欠かせない素材に!(^_-)-☆